コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背斜構造 はいしゃこうぞうanticline

翻訳|anticline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

背斜構造
はいしゃこうぞう
anticline

地層が褶曲すると,波打ったようになるが,その山型に曲っている部分をさす。背斜部の頂上を連ねた線を背斜軸,上下に重なったそれぞれの地層の背斜軸を連ねた面を背斜軸面という。この背斜軸面の傾きや,軸面の左右の地層の傾き具合などによって,褶曲の型を分類する。背斜の逆は向斜という。大規模な背斜構造があると,地形に影響が出て,一般に谷が形成される。これは背斜部に張力が働き,断裂や断層を伴って弱線となるためである。なお,石油や天然ガスなどは,一般に背斜部に集積するので探査の目安として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

背斜構造の関連キーワードサファニヤ・カフジ油田吉井・東柏崎ガス田グジャラート[州]断層折れ曲がり褶曲ペナイン[山脈]阿賀沖油・ガス田阿賀沖油・ガス田岩船沖油・ガス田大歩危・小歩危頸城油・ガス田ウィールド地方ドーム(地層)天然ガス鉱床東柏崎ガス田東新潟ガス田磐城沖ガス田背斜トラップ新潟ガス田ミナス油田ドーム構造

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android