コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児と新生児 たいじとしんせいじ

1件 の用語解説(胎児と新生児の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たいじとしんせいじ【胎児と新生児】

 出生日を日齢0とし、日齢28未満の赤ちゃん新生児といいます。
 胎児が子宮の外に出てからみせるもっとも劇的な変化は、呼吸を開始し、それを維持することです。胎内ではへその緒(お)を介して母親から酸素と栄養を供給され、老廃物を処理していましたが、へその緒が断たれた瞬間から、新生児はそれらを自分でまかないます。
 へその緒が結紮(けっさつ)・切断され、産声(うぶごえ)があがった瞬間、新生児の肺に大量の血液が流れ始め、胎児期に重要な役割をはたしていた動脈管が閉鎖するなど、その循環動態(じゅんかんどうたい)は激変します。また、自分の肝臓で血液の老廃物を処理し始めるため、生後しばらくは黄疸(おうだん)が出ます。
 胎児が分娩(ぶんべん)という物理的に大きなハードルを乗り越え、さらに生理的な激変を経ることが、分娩損傷や呼吸障害など新生児特有の疾患の原因となるのです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

胎児と新生児の関連キーワード巨大児失明天皇誕生日生日生日の足日地鳥低体重児腐蛆病Is値部分脱脂乳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone