コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈管 どうみゃくかんarterial duct; ductus arteriosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動脈管
どうみゃくかん
arterial duct; ductus arteriosus

ボタロ管ともいう。胎生期に肺動脈大動脈を直結している管。胎児の肺は呼吸作用を行わないので,右心室から出た血液の大部分は肺を通らず,この動脈管を通って大動脈に直接流入する。ほとんどの場合,動脈管は生後1ヵ月以内に自然に閉鎖し,動脈管靭帯となる。ボタロはイタリアの外科医 (1530~?) 。 (→胎循環 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうみゃく‐かん〔‐クワン〕【動脈管】

胎児期にみられる、肺動脈大動脈をつなぐ血管。胎児は肺で呼吸をしていないため、右心室から肺動脈に送り出される血液の大部分は、肺を通らず、動脈管を通って直接大動脈に流れ、全身に送られる。出生後、肺呼吸が始まると自然に閉鎖し、動脈管索と呼ばれる結合組織性の索となる。発見者の名からボタロー動脈管ボタロー管とも。→胎児循環動脈管開存症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の動脈管の言及

【ボタロ管】より

…哺乳類の胎児の肺動脈と大動脈弓とを連絡する動脈。イタリアの医師ボタロLeonardo Botallo(1530‐71)が発見したのでこの名があり,ボタロ動脈管あるいは単に動脈管ともいう。胎生期には肺が活動していないので,右心室から肺動脈に流出した血液を肺に送らずに大動脈に放出して,大循環に利用する役目をもっている。…

※「動脈管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動脈管の関連キーワードアイゼンメンジャー症候群大動脈縮窄(COA)アイゼンメンゲル複合心臓弁膜症と歯科治療動脈管開存(症)大動脈中隔欠損症先天性風疹症候群大動脈・肺動脈窓三尖弁閉鎖(症)ボタロー管開存症内頸動脈・静脈未熟児の育て方大動脈弓欠損症ボタロ管開存症大血管転位症胎児と新生児大動脈縮窄症先天性心臓病先天性心疾患肺動脈閉鎖症

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android