コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児医学 たいじいがくfetology

翻訳|fetology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎児医学
たいじいがく
fetology

子宮内の胎児を対象に,検査,診断,治療を行う医学。子宮内胎児に触れることは妊娠中には不可能であるが,母体の血液や尿の検査とか,羊水を採取して分析したり,超音波診断などにより,胎児の性別,先天異常の有無,現在の状態,予後などを間接的に診断することができる。分娩中には,産道を介して児頭から血液を採取し,血中の酸素や二酸化炭素濃度,pHなどを測定することができる。胎児心拍数の測定によっても,状態を知ることができる。 Rh式血液型不適合で胎児が重症の貧血に陥っている場合には,子宮内で輸血をすることも可能である。しかし胎児医学は,検査,診断に比較すると,治療面がまだあまり進歩していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android