コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡粉色 ごふんいろ

色名がわかる辞典の解説

ごふんいろ【胡粉色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「みの」としている。一般に、絵画用の白色顔料である胡粉の色をさし、ごくわずかに黄みがかった白。胡粉とはイタボガキなどの殻を砕いて精製した絵の具のこと。室町時代以降に使用されるようになった。江戸時代初期の豪華本「嵯峨さが」では用紙の下地に胡粉を塗った。また茶道で導火に用いる枝炭えだずみは胡粉を塗って化粧がけしたもので、白炭しろずみともいう。燃え残りの姿が美しく茶人に好まれたという。胡粉という用語は奈良時代に登場しており、古くは中国が胡とよんだ地域から伝えられた鉛白えんぱくをさしたとされる。しかし、顔料として一般化したのは牡蛎かきなどの殻を原料としたもの。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごふん‐いろ【×胡粉色】

胡粉の色。わずかに黄みがかった白色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

胡粉色の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android