コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡粉 ごふん

5件 の用語解説(胡粉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡粉
ごふん

日本画に用いる白色絵具で,岩絵具の一種。瀬戸内海沿岸でとれるいたぼがき (板甫牡蠣) などの貝殻を焼き,砕いたうえで水処理してつくる。室町時代以降現代まで用いられる。炭酸カルシウムを成分とする粉末で,一般には石灰石に同様の処理を施してつくった顔料も胡粉という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐ふん【×胡粉】

日本画で用いる白色顔料。カキ殻を粉砕・水簸(すいひ)・乾燥したもので、主成分炭酸カルシウム。室町時代以降用いられ、それ以前は鉛白(えんぱく)をいった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

胡粉【ごふん】

貝殻を微粉末にしたもので,主成分は炭酸カルシウムCaCO3。東洋画用白色顔料や充てん料として使用。
→関連項目をこと点パテ粉本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡粉
ごふん

東洋画の白色顔料の一種。貝殻を焼いて粉末にしたもので、炭酸カルシウムを主成分とする。絵の地塗りや建築物の彩色に多く用いられ、また桃山時代の障屏画(しょうへいが)などでは、桜や菊などを胡粉の盛り上げ彩色で効果的に表現している。ただし材質上剥落(はくらく)しやすく、胡粉で彩色された作品は取扱いに注意が肝要。胡粉の語は、すでに早く奈良時代の文献にみえるが、実際に胡粉が顔料として使われるようになるのは室町時代以後のことで、それ以前は白土などが用いられた。これを含めて白色顔料を胡粉ということもある。また他の顔料に胡粉を混ぜたものを、具墨(ぐずみ)、朱(しゅ)の具、具まじりと称すように、具とよぶ。[榊原 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胡粉の関連情報