コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡麻斑天牛 ゴマダラカミキリ

デジタル大辞泉の解説

ごまだら‐かみきり【×胡麻斑天牛】

カミキリムシ科の昆虫。体長2.5~3.5センチ。触角は体より長い。体色は黒くて光沢があり、背面に白斑が散在する。幼虫鉄砲虫とよばれ、コナラ・シイ・桑などを食害。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごまだらかみきり【胡麻斑天牛】

カミキリムシの一種。体長約3センチメートル。体は黒色で白斑が散在する。触角が長い。幼虫は樹木を食害する。日本各地と台湾・中国などに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

胡麻斑天牛 (ゴマダラカミキリ)

学名:Anoplophora malasiaca
動物。カミキリムシ科の昆虫

胡麻斑天牛 (ゴマフカミキリ)

学名:Mesosa myops japonica
動物。カミキリムシ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

胡麻斑天牛の関連キーワード分布黒色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android