コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸の守り ムネノマモリ

デジタル大辞泉の解説

むね‐の‐まもり【胸の守り】

江戸時代、貴人婚礼のとき、花嫁が白装束の上から胸に掛けて夫婦和合の印とした守り札

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

胸の守りの関連キーワード江戸時代