白装束(読み)しろしょうぞく

精選版 日本国語大辞典「白装束」の解説

しろ‐しょうぞく ‥シャウゾク【白装束】

〘名〙
① 白い衣服を着ること。また、白ずくめの服装。公家は、産所装束に用いた。後世、多く神事や凶事の時に用いられた。しろなり。
※源平盛衰記(14C前)二九「白装(シロシャウソク)したる人三十騎ばかり」
束帯下着に白地を用いた装束。
※後照念院殿装束抄(1327頃か)「普賢寺殿〈略〉着白張単衣帷、今案、是白装束歟」

しら‐しょうぞく ‥シャウゾク【白装束】

※中院本平家(13C前)一一「義盛主従十六騎、みなしらしゃうぞくにてむかふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「白装束」の解説

しろ‐しょうぞく〔‐シヤウゾク〕【白装束】

上下ともに白い衣服。また、それを着ること。多く神事や凶事のときに用いる。
束帯の下着に白色を用いた装束。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android