コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白装束 シロショウゾク

デジタル大辞泉の解説

しろ‐しょうぞく〔‐シヤウゾク〕【白装束】

上下ともに白い衣服。また、それを着ること。多く神事や凶事のときに用いる。
束帯下着白色を用いた装束

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しろしょうぞく【白装束】

白い衣服。また、白ずくめの服装。多く、神事・弔事に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白装束
しろしょうぞく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白装束の関連キーワードクー・クラックス・クラン大幣神事[宇治]御田植祭[阿蘇]七夕踊[市来]アルクマール西国三十三所丑の時参り垢離を取る津和野盆踊お燈まつり婚礼衣装岩原神楽富士信仰死に装束白馬童子胸の守り寒垢離富士講黒装束色直し

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白装束の関連情報