コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸気 ムネキ

デジタル大辞泉の解説

むね‐き【胸気】

[名・形動]他人の言動が気にさわること。また、そのさま。不愉快。
「余り―な事を云われるとぐうっと癪に触って」〈魯庵・くれの廿八日〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むなけ【胸気】

( 名 ・形動 )
むねき(胸気) 」に同じ。

むねき【胸気】

( 名 ・形動 )
不愉快なこと。気にさわること。また、そのさま。むなけ。 「誰だつて余り-な事を云はれるとぐうつと癪に触つて/くれの廿八日 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胸気の関連キーワード前胸腺気囊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胸気の関連情報