コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やろう ヤロウ

デジタル大辞泉の解説

や‐ろう〔‐らう〕

[連語]《「やらん」の音変化》体言、活用語の連体形、一部の副詞・助詞などに付く。
推量、または疑問を含んだ推量を表す。…(の)だろう。…(の)だろうか。
「上の林に鳥が棲(す)む―花が散り候」〈閑吟集
「わが恋は遂ぎようず―」〈虎明狂・石神
(副助詞的に用いて)不確かなこと、あるいは、遠まわしにいう意を表す。…とか。
「後小松院―は、力が強うて」〈史記抄・秦始皇本紀〉
(「…やろう…やろう」の形で)どちらとも決めがたい二つ以上の事柄を列挙する意を表す。
「多い―、少ない―をば知り候はず」〈平家・五〉
[補説]「やらん」から「やら」に至る過渡的な形。室町時代には、「やら」と並んで盛んに用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やろう

( 連語 )
〔「にやあらむ」の転である「やらん」から。中世語〕
体言、活用語の連体形、一部の副詞・助詞などに付く。
(助動詞的に用いられて)「…(の)だろう」「…(の)だろうか」の意を表す。 「おほい-すくない-をば知り候はず/平家 5」 「何とした事に、古本にけづつた-ぞ/毛詩抄 6
(副助詞的に用いられて)不確かなことを漠然と表す。 「後小松院-は力がつようて相撲の上手で/史記抄 4」 「此衛の女は、衛では何侯の子-しられぬでは/毛詩抄 2」 〔「にやあらむ」からできた「やらん」の変化したもので、副助詞「やら」に至る過渡的な形。中世後期には「やら」と並んで盛んに用いられた〕 → やらん(連語)やら(副助・並立助・終助)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

やろうの関連キーワードホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード田にも畦にも腥物つけて志ある者は事竟に成る飄客・嫖客・飃客習わぬ経は読めぬ烏の頭白くなる薬籠蓋・薬篭蓋引っ込み勝ち箕帚を奉ずる焦る・焦躁る螺子を巻くとっちめる勇気付けるあわよくば荒肝を拉ぐ薬籠・薬篭目を瞑る国太夫節責任能力添わせる

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やろうの関連情報