コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能勢明陳 のせ あきのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能勢明陳 のせ-あきのぶ

1790-1869 江戸時代後期の儒者。
寛政2年11月1日生まれ。能勢直陳(なおのぶ)の父。御牧赤報(みまき-せきほう)にまなび,日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩の藩校学習館の学頭となり記録係を兼務。世子侍読(じどく)をつとめ,学習館教主にすすんだ。明治2年11月死去。80歳。日向出身。通称は軍治。号は自訟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

能勢明陳の関連キーワード儒者

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android