コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐土原 さどわら

3件 の用語解説(佐土原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐土原
さどわら

宮崎県中部,宮崎市北部の旧町域。宮崎平野東部に位置し,東で日向灘に面する。 1896年町制。 1955年那珂村と,1958年広瀬町とそれぞれ合体。 2006年宮崎市に編入。中心集落は一ツ瀬川河口の南岸を占め,佐土原藩島津氏城下町として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さどわら【佐土原】

宮崎県中東部、宮崎市の地名。近世は島津氏の城下町。佐土原人形を特産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐土原
さどわら

宮崎県中部、宮崎郡にあった旧町名(佐土原(ちょう))。現在は宮崎市の北部を占める地域。一ツ瀬(ひとつせ)川下流右岸に位置する。旧佐土原町は1896年(明治29)町制施行。1955年(昭和30)那珂(なか)村、1958年広瀬(ひろせ)町と合併。2006年(平成18)宮崎市に編入。佐土原の地名は鎌倉時代にはみえ、里原(さとはら)の意味という。一ツ瀬川右岸の沖積平野、丘陵性の洪積台地からなり、臨海部には砂丘もみられる。JR日豊(にっぽう)本線、国道10号、219号が通じる。島津氏(佐土原藩2万7000石)が支配した旧城下町。城跡は残っていないが、1993年(平成5)に佐土原城跡歴史資料館「鶴松館」が開館した。ビニルハウスによる施設園芸が盛んで、キュウリ、ピーマン、ショウガ、花卉(かき)などが栽培されている。中心地は城下町佐土原と日豊本線の通る広瀬の二つがあり、近年は宮崎市郊外の住宅地区として発展している。観光地に宮崎サファリパークが知られたが1986年閉園した。郷土玩具(がんぐ)「佐土原人形」「うずら車」が名高い。国の重要文化財として、大光(だいこう)寺の木造騎獅文殊菩薩(もんじゅぼさつ)及脇侍像(附木造天蓋一面)、巨田(こた)神社本殿などがある。[横山淳一]
『『佐土原町史』(1982・佐土原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐土原の関連キーワード宮崎県宮崎市糸原宮崎県宮崎市内海宮崎県宮崎市加江田宮崎県宮崎市熊野宮崎県宮崎市塩路宮崎県宮崎市神宮宮崎県宮崎市広島宮崎県宮崎市船塚宮崎県宮崎市芳士宮崎県宮崎市港

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐土原の関連情報