能島和明(読み)のうじま かずあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能島和明 のうじま-かずあき

1944- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和19年生まれ。宮城県で育つ。昭和37年より奥田元宋師事。38年日展初入選。以後,同展で特選2回,会員賞1回を受賞し,平成21年「敦盛」(黒川能)で日展文部科学大臣賞。25年日展出品作「鐘巻」(黒川能)で芸術院賞。日展評議員。東京都出身。多摩美大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android