コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘巻 かねまき

大辞林 第三版の解説

かねまき【鐘巻】

蟇目ひきめの矢で、沓巻くつまきの部分を上を細く下を太く釣り鐘形に巻いたもの。

かねまき【鐘巻】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かねまき【鐘巻】

(1)能の曲名。四番目物。非現行演目。観世信光作。シテは白拍子,実は女の怨霊。現行演目《道成寺》の原作で,筋立ても主要部分の詞章もほぼ同じだが,次のような違いがある。道成寺の釣鐘再興の供養を拝みにきた白拍子が,女人禁制だと断られ,愁嘆する場面がある。許された白拍子が舞を舞う場面で,眼目の乱拍子(らんびようし)に入る前に,道成寺創建の説話を物語るクセを舞う。鐘の中からふたたび現れた怨霊(後ジテ)を祈り伏せる僧(ワキ)の祈禱の文句が違う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の鐘巻の言及

【道成寺】より

四番目物。原作である《鐘巻(かねまき)》は観世信光作。シテはまなごの長者の娘の怨霊(おんりよう)。…

【番楽】より

…基本的芸態や曲目は東北地方の山伏系の神楽とほぼ同じで,楽器は大型の締太鼓,笛,銅拍子(手平鉦(てびらがね)ともいう),ほかに付け打ちする拍子板,小太鼓などを使う所もある。曲目も前述の武士舞のほか《露払い》《三番叟》などの少年の舞や,《杵舞》《傘舞》などの曲舞(くせまい),《蕨折(わらびおり)》《鐘巻(かねまき)》などの女舞の曲を残す所もある。山形県飽海(あくみ)郡遊佐町杉沢の〈ひやま〉が国指定重要無形民俗文化財とされるほか,秋田県では北秋田郡阿仁町の〈根子(ねつこ)番楽〉,由利郡矢島町の〈坂ノ下番楽〉,象潟町の〈横岡番楽〉,平鹿郡十文字町の〈仁井田番楽〉など9ヵ所の番楽が,山形県では最上郡金山町有屋の〈稲沢番楽〉などが県指定民俗文化財とされる。…

※「鐘巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鐘巻の関連キーワード道成寺(和歌山県)川辺(和歌山県)日高川(町)道成寺(能)藤間勘十郎早池峰神楽伊藤一刀斎能島和明益亭三友道成寺物日高川町鐘巻自斎黒川能川辺鐘形姓氏

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鐘巻の関連情報