脊髄半側症候群(Brown-Séquard症候群)

内科学 第10版の解説

脊髄半側症候群(Brown-Séquard症候群)(脊髄障害の特徴)

(2)脊髄半側症候群(Brown-Séquard症候群)(図15-2-4左)
 脊髄の半側性障害でのみ認められる.病変と同側の片麻痺あるいは下肢麻痺およびやはり同側の深部感覚障害と対側の頸部あるいはそれより下にレベルを有する温痛覚障害がみられる.[中野今治]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android