コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐色土 かっしょくどbrown soil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褐色土
かっしょくど
brown soil

半乾燥気候のもとで,夏に降水量が多い丈の短い草原地域に発達する土壌表層は褐色から暗褐色有機物が少く,下層土灰褐色を呈する。その下に石灰の集積層がある。地味はやせているので放牧地に利用され,農耕には灌漑を必要とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

褐色土【かっしょくど】

温帯の乾燥気候下のヨモギ類を主とした半砂漠に分布する土壌型褐色半砂漠土とも。腐植の少ない暗褐色の表層と,柱状構造をもつ淡褐色の下層土からなり,全層を通じ炭酸塩含量が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

褐色土

穏やかな湿潤気候の地域で,特に橅(ぶな)林のような落葉樹林に形成されるローム質の構造のよくできた土壌.一般に北半球のポドゾル質(pedozolic)の針葉樹林の南部に位置しており,針葉樹林が移動してくるとポドゾル質となる.土壌断面は適度に発達し粘土鉱物が多く湿度は低い.湿度は普通は3~4%で最上部層で5~7%である.褐色土(brown earth)は代表的な酸性土で炭酸塩は完全に溶脱されている[Robinson : 1936, Gerasimov & Glazovskaya : 1956].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

褐色土
かっしょくど
brown soil

乾燥地に共通的におこっている石灰集積作用により、薄い腐植層の直下に炭酸石灰分が集積し生成した土壌。貧弱なステップ草原にみられ、腐植含有率の違いで褐色土と灰色(はいいろ)土(シエローゼムsierosem)に区別される。栗(くり)色土よりも降水量の少ない地方のもので耕作には適さないが、中央アジアの大規模な灌漑(かんがい)開発地にはこの土壌地域も含まれているとみられる。以上は乾燥型土壌としてのブラウンソイルbrown soilであるが、同じく褐色土といわれるものでブラウンアースbrown earthとよばれる土壌は、温帯湿潤地の褐色森林土のことで、混同されやすいので注意を要する。[浅海重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

褐色土の関連キーワードゼーヤブレヤ平原カスティーリャオカナガン低地プレーリー土ビーバー石稲荷台遺跡関東ローム昂々渓遺跡半乾燥気候早水台遺跡高師小僧三戸遺跡曽畑貝塚雨量因子室川貝塚水田土壌湿性土壌赤鉄鉱砂漠土カナダ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

褐色土の関連情報