脊髄性小児麻痺(読み)せきずいせいしょうにまひ

精選版 日本国語大辞典の解説

せきずいせい‐しょうにまひ ‥セウニマヒ【脊髄性小児麻痺】

〘名〙 ポリオウイルスの感染によって起こる急性伝染病。単に「小児麻痺」ともいい、脳性小児麻痺は「脳性麻痺」と呼んで区別することが多い。満五歳ぐらいまでにほとんどの子どもが不顕性感染型のこの病気にかかるが、発症する子どもはごくわずかである。潜伏期は四~一〇日。そのあと突然発熱し、一~二日で下熱するが、それと同時に手足が麻痺する。急性灰白髄炎。ポリオ。〔生物と無生物の間(1956)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android