脊髄電気刺激療法(読み)せきずいでんきしげきりょうほう(英語表記)spinal cord stimulation

知恵蔵の解説

脊髄電気刺激療法

慢性的な痛みに対して用いられる治療法の1つ。疼痛部位に相当する脊髄分節の硬膜外腔に電極を通し、電気刺激を行う方法。1〜5ヘルツの低頻度の刺激を行うことにより、慢性疼痛の治療が可能。世界で年間1万5000の施行例があるといわれている。近年、疼痛だけでなく、頭部外傷などを受けて植物状態になった場合に、脊髄を電気的に刺激することにより回復させる治療法が注目されてきている。比較的若い年齢層の人の頭部外傷で、脳の損傷部位が限定されている場合などに適用される。まだ、医療保険は適用されない。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android