コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚摩乳/足名椎 アシナズチ

2件 の用語解説(脚摩乳/足名椎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あしなずち〔あしなづち〕【脚摩乳/足名椎】

日本神話で、出雲国つ神大山祇神(おおやまつみのかみ)の子。妻は手摩乳(てなずち)。末娘の奇稲田姫(くしなだひめ)は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の妻となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

脚摩乳

『古事記』『日本書紀』にみえる男神。『古事記』では足名椎と記す。妻は手摩乳(手名椎)。出雲の斐伊川の川上に住む老夫婦として登場。娘の奇稲田姫八岐大蛇食われるところを素戔嗚尊(スサノオノミコト)に救われ,新たに造営された宮の管理に当たるとともに,稲田宮主神の名を与えられる。記紀神話全体からみると,天から降った神と初めて対面した国神(地上の神)である。いったいに記紀の神界は天上の神と地上の神に大別されており,また神話における「初め」には典型を示す働きがあるので,この神がスサノオに服従の態度をとったことは,天上の神が国神に対し優勢であるのが基本的なありかただということを示している。<参考文献>神田典城「神話の構造」(『解釈と鑑賞』1991年10月号)

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脚摩乳/足名椎の関連キーワード玉島川記紀久米歌三部本書天之吹男神五百城入姫皇女鬱色謎命河俣毘売櫛明玉神埴安媛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone