コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簸川 ヒノカワ

3件 の用語解説(簸川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐かわ〔‐かは〕【簸川】

出雲神話の川。素戔嗚尊(すさのおのみこと)八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した伝説で知られる。島根県の斐伊(ひい)川とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひのかわ【簸川】

出雲系神話に出てくる川の名。川上で素戔嗚尊すさのおのみことが八岐大蛇やまたのおろちを退治したという伝説がある。島根県東部を流れる斐伊川ひいかわをこれに当てる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

簸川
ひのかわ

(1)出雲(いずも)国(島根県)第一の長江で、肥河とも書く。いまは斐伊(ひい)川として宍道(しんじ)湖に注ぐが、古くは神門水海(かんとのみずうみ)(神西(じんざい)湖)に流入し、『出雲国風土記(ふどき)』では上流の横田川、室原(むろはら)川が合流し、仁多(にった)郡内を流れる間は斐伊河上(ひのかわのかみ)、それが大原郡に入ると斐伊川、さらに出雲郡に入ると出雲河、出雲大川とよばれた。(2)素戔嗚命(すさのおのみこと)の八岐大蛇(やまたのおろち)退治の舞台。また日本武尊(やまとたけるのみこと)が出雲建(いずもたける)とともに水浴し、偽刀(ぎとう)の計で出雲建を殺害した場所。垂仁(すいにん)天皇の口のきけない皇子(ほむつわけの御子(みこ))が、出雲大社参拝ののちにこの川の中につくられた仮宮で献上の食事をとり、初めてものをいった場所でもある。なお、この皇子と結婚した肥長比売(ひながひめ)の正体が蛇であったことから皇子が逃走するという話は、肥河の神との聖婚を語る神話の崩れた姿である。[吉井 巖]
『水野祐著『斐伊川名義考』(『出雲国風土記論攷』所収・1965・早稲田大学古代史研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の簸川の言及

【斐伊川】より

…全流域面積2070km2は,出雲地方のほとんど全部を覆う広さである。古くは簸(ひの)川,出雲大川とも呼ばれ,上流部は八岐大蛇(やまたのおろち)神話の舞台とされる。下流部は出雲平野を形成しており,《出雲国風土記》の時代には大社湾に注いでいたが,のち数度の洪水でしだいに東流するようになり,1639年(寛永16)には完全に宍道湖へ流入するに至った。…

※「簸川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

簸川の関連キーワード天叢雲剣五十猛命大国主神誓約伊弉諾尊曽尸茂梨出雲神話天津彦根命熊野大神枛津姫命

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簸川の関連情報