簸川(読み)ヒノカワ

  • ひのかわ〔かは〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

(1)出雲(いずも)国(島根県)第一の長江で、肥河とも書く。いまは斐伊(ひい)川として宍道(しんじ)湖に注ぐが、古くは神門水海(かんとのみずうみ)(神西(じんざい)湖)に流入し、『出雲国風土記(ふどき)』では上流の横田川、室原(むろはら)川が合流し、仁多(にった)郡内を流れる間は斐伊河上(ひのかわのかみ)、それが大原郡に入ると斐伊川、さらに出雲郡に入ると出雲河、出雲大川とよばれた。(2)素戔嗚命(すさのおのみこと)の八岐大蛇(やまたのおろち)退治の舞台。また日本武尊(やまとたけるのみこと)が出雲建(いずもたける)とともに水浴し、偽刀(ぎとう)の計で出雲建を殺害した場所。垂仁(すいにん)天皇の口のきけない皇子(ほむつわけの御子(みこ))が、出雲大社参拝ののちにこの川の中につくられた仮宮で献上の食事をとり、初めてものをいった場所でもある。なお、この皇子と結婚した肥長比売(ひながひめ)の正体が蛇であったことから皇子が逃走するという話は、肥河の神との聖婚を語る神話の崩れた姿である。

[吉井 巖]

『水野祐著『斐伊川名義考』(『出雲国風土記論攷』所収・1965・早稲田大学古代史研究会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の簸川の言及

【斐伊川】より

…全流域面積2070km2は,出雲地方のほとんど全部を覆う広さである。古くは簸(ひの)川,出雲大川とも呼ばれ,上流部は八岐大蛇(やまたのおろち)神話の舞台とされる。下流部は出雲平野を形成しており,《出雲国風土記》の時代には大社湾に注いでいたが,のち数度の洪水でしだいに東流するようになり,1639年(寛永16)には完全に宍道湖へ流入するに至った。…

※「簸川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android