コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おろち

デジタル大辞泉プラスの解説

おろち

楳図かずおによる漫画作品。不思議な魔力をもち、時を超えて存在する少女・おろちが悲壮な運命に翻弄される人々の人生を見つめるオムニバス連作。『週刊少年サンデー』1969年第25号~1970年第35号に連載。秋田書店サンデーコミックス全6巻。2008年鶴田法男監督による映画が公開された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のおろちの言及

【ヘビ(蛇)】より

…一部がペットとして飼育されるほか,皮革細工の材料として重用され,また医療や民間薬用および食用に供される。【松井 孝爾】
【伝承,民俗】

[日本]
 古語は〈へみ〉,各種の蛇を総称し巨大なものを〈おろち〉と呼んだ。そのものを直接ささない忌詞(いみことば)として形が似ているから〈くちなわ〉ともいい,西日本では普通語として用いる。…

※「おろち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

おろちの関連情報