コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おろち

デジタル大辞泉プラスの解説

おろち

楳図かずおによる漫画作品。不思議な魔力をもち、時を超えて存在する少女・おろちが悲壮な運命に翻弄される人々の人生を見つめるオムニバス連作。『週刊少年サンデー』1969年第25号~1970年第35号に連載。秋田書店サンデーコミックス全6巻。2008年鶴田法男監督による映画が公開された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のおろちの言及

【ヘビ(蛇)】より

…一部がペットとして飼育されるほか,皮革細工の材料として重用され,また医療や民間薬用および食用に供される。【松井 孝爾】
【伝承,民俗】

[日本]
 古語は〈へみ〉,各種の蛇を総称し巨大なものを〈おろち〉と呼んだ。そのものを直接ささない忌詞(いみことば)として形が似ているから〈くちなわ〉ともいい,西日本では普通語として用いる。…

※「おろち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

おろちの関連キーワードクシナダヒメノミコト(奇稲田姫命)島根県仁多郡奥出雲町八川くろずみ小太郎旅日記奇稲田姫・櫛名田比売脚摩乳・手摩乳児雷也豪傑譚話さくらおろち湖出雲系神話天之葺根神月岡 栄貴阪東妻三郎楳図かずお月岡栄貴草薙の剣須我神社素戔嗚尊奇稲田姫出雲神話熊野大社天叢雲剣

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おろちの関連情報