コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱ろう鋳造法 だつろうちゅうぞうほう cire perdue

1件 の用語解説(脱ろう鋳造法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱ろう鋳造法
だつろうちゅうぞうほう
cire perdue

ブロンズの鋳造技法の一つ。粘土で作った原型をろうでおおってろう型をつくり,これに密着する鋳型砂をかぶせて加熱,中のろうが溶出してできる空洞に溶けた青銅を流し込んで鋳造する技法。古来 (前 3000頃) より東西を問わずきわめて一般的に行われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脱ろう鋳造法の関連キーワードブロンズ板風炉日本瓦ジョッター ブロンズ ボールペンブロンズの使者ブロンズの天使少女像は泣かなかったブロンズ糖尿病グッタパーチャ粘土ダイナス粘土

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone