コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろう型 ろうがたcire perdue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろう型
ろうがた
cire perdue

鋳金の一技法。粘土で中型を作り,その上に蜜ろうと松やになどを混ぜたものを一定の厚さに塗ってこれに彫刻を施して原型を作り,さらに砂土でおおい固める。乾燥後加熱するとろうが流れて空隙ができる。この空隙に溶解した金属を流し込んで各種の鋳像を造る。西洋ではシール・ペルデュと呼び,この技法は前 2500年頃までに,すでにエジプトで用いられていた。日本では奈良時代初期の仏像などの鋳造に,この技法が用いられている (→金銅仏 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ろう型の関連キーワードかぜとインフルエンザの予防インベストメント鋳造法須賀 松園(2代目)脱ろう鋳造法佐々木象堂精密鋳造斎藤明青銅器東大寺鋳物沢根鋳金砂型

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ろう型の関連情報