脳シンチグラフィー(読み)のうシンチグラフィー(英語表記)brain scintigraphy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「脳シンチグラフィー」の解説

脳シンチグラフィー
のうシンチグラフィー
brain scintigraphy

脳スキャンともいう。脳には脳血液関門と呼ばれる機構があって,外からの物質の脳組織への移行を妨げている。しかし脳腫瘍や脳血管障害などの病変部があると,放射性同位元素 RIはそこに取込まれる。これを利用して,γ線を出す放射性同位元素 (テクネチウムインジウムガリウムなど) を静脈内または経口的に投与して,これを取込んだ組織から出される放射線をフィルム上に感光させ,病変の位置,大きさ,形などの造影を得る方法を脳シンチグラフィーという。頭蓋内腫瘍,脳血管障害,脳動静脈奇形,脳膿瘍,硬膜下血腫などの診断のために行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android