コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳動脈硬化性精神障害 のうどうみゃくこうかせいせいしんしょうがいcerebral‐arteriosclerotic psychosis

1件 の用語解説(脳動脈硬化性精神障害の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうどうみゃくこうかせいせいしんしょうがい【脳動脈硬化性精神障害 cerebral‐arteriosclerotic psychosis】

脳動脈の硬化によって生じる脳循環障害の結果起こる病気。急性または亜急性に脳血流に変化が起こり,高血圧性脳症や一過性虚血発作などで始まり,出血や梗塞(こうそく)を起こし,多発梗塞性痴呆(ちほう)となることが多い。初期の症状は,不眠,頭痛,もの忘れ,めまいなどで,やがて精神作業能力低下から痴呆に至る。情動失禁(感情変化のめまぐるしさ)や斑性痴呆(まだら痴呆のことで,精神機能低下が不均等なこと)が特徴とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone