コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳動脈硬化性精神障害 のうどうみゃくこうかせいせいしんしょうがい cerebral‐arteriosclerotic psychosis

1件 の用語解説(脳動脈硬化性精神障害の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうどうみゃくこうかせいせいしんしょうがい【脳動脈硬化性精神障害 cerebral‐arteriosclerotic psychosis】

脳動脈の硬化によって生じる脳循環障害の結果起こる病気。急性または亜急性に脳血流に変化が起こり,高血圧性脳症や一過性虚血発作などで始まり,出血や梗塞(こうそく)を起こし,多発梗塞性痴呆(ちほう)となることが多い。初期の症状は,不眠,頭痛,もの忘れ,めまいなどで,やがて精神作業能力低下から痴呆に至る。情動失禁(感情変化のめまぐるしさ)や斑性痴呆(まだら痴呆のことで,精神機能低下が不均等なこと)が特徴とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脳動脈硬化性精神障害の関連キーワード大脳動脈輪動脈瘤熱起電力脳動脈硬化症解除権冠動脈心疾患循環障害風成循環細動脈硬化慢性脳循環不全

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone