コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梗塞 こうそく infarct; infarction

7件 の用語解説(梗塞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梗塞
こうそく
infarct; infarction

循環障害によって起こる限局性の虚血性壊死のこと。大きな吻合枝 (ふんごうし) をもたない終動脈,または吻合枝があっても機能的代償が行なわれない機能的終動脈が閉塞された場合,その動脈の支配領域の組織は酸素欠乏のために壊死に陥る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐そく〔カウ‐〕【梗塞】

[名](スル)
ふさがって通じないこと。
「知識―して益愚なる者多し」〈岡部啓五郎・開化評林〉
動脈がふさがれて、その先の組織に壊死(えし)を生じた状態。心筋梗塞など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梗塞【こうそく】

他に養う血管をもたない臓器の小動脈(終動脈という)が血栓(けっせん)や脂肪滴,ガス,虫卵などで,急にかつ永久的に閉ざされた時,その血管流域下の組織に起こる壊死(えし)をいう。
→関連項目SPECT

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

梗塞

 動脈硬化により血管に血液が通りにくくなりその血管が養う組織が障害を受けること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうそく【梗塞 infarct】

一般には,吻合(ふんごう)枝をもたず毛細血管に移行する終動脈が急激に閉塞されたときに,その動脈の灌流領域(下流の領域)におこる壊死をいう。壊死巣の形は特有で,血管の支配領域に一致し,閉塞された動脈部分を頂点とした円錐形を呈し,その底面はその臓器の表面に向かう。割面では楔形を呈する。動脈の閉塞は塞栓血栓によることが多い。梗塞には貧血性(白色)梗塞white infarctと出血性(赤色)梗塞red infarctとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうそく【梗塞】

( 名 ) スル
ふさがって通じなくなること。 「開化を-する/明六雑誌 19
動脈がふさがることによって、その流域下の組織に起こる壊死えし。 → 心筋梗塞脳梗塞

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梗塞
こうそく

硬塞とも書き、おもに互いに連絡する吻合枝(ふんごうし)をもたない終末動脈が急に閉塞され、その動脈が支配する末梢(まっしょう)流域の組織に血行障害をおこして限局性の壊死(えし)がみられるものをいう。
 血管の閉鎖は一般に塞栓や血栓によることが多い。この場合における壊死巣の形は特有で、血管の支配領域に一致し、閉塞された動脈部を頂点とした円錐(えんすい)形で、その底面は臓器の表面に向かう場合が多い。
 組織の血行障害によって虚血性壊死に陥るため、貧血性で白色を呈することが多く、貧血性梗塞または白色梗塞とよばれる。腎臓(じんぞう)、脾臓(ひぞう)、心臓、脳などにみられ、とくに冠状動脈にみられる梗塞、すなわち心筋梗塞や脳梗塞は重篤な症状を呈し、ときに致命的となる。また、うっ血や血管壁の障害を伴い出血性変化が加わり、赤色を呈するものは出血性梗塞または赤色梗塞とよばれ、おもに肺にみられる。[竹内慶治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梗塞の関連キーワード執金剛神分毫吻合ほでてんごう悪てんごう光信号しんごうなんごう胃空腸吻合回腸横行結腸吻合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梗塞の関連情報