コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梗塞 こうそくinfarct; infarction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梗塞
こうそく
infarct; infarction

循環障害によって起こる限局性虚血壊死のこと。大きな吻合枝 (ふんごうし) をもたない終動脈,または吻合枝があっても機能的代償が行なわれない機能的終動脈が閉塞された場合,その動脈の支配領域の組織は酸素欠乏のために壊死に陥る。原因は血栓塞栓によるものが多い。多くは血流を絶たれる貧血性梗塞で,心筋梗塞脳梗塞 (脳軟化症 ) はこれにあたる。一方,出血性梗塞を示すこともあり,これは肺に多い。また腸,卵巣,精巣などの軸捻転による血流途絶で起こる梗塞もときにみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐そく〔カウ‐〕【梗塞】

[名](スル)
ふさがって通じないこと。
「知識―して益愚なる者多し」〈岡部啓五郎・開化評林〉
動脈がふさがれて、その先の組織に壊死(えし)を生じた状態。心筋梗塞など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

梗塞【こうそく】

他に養う血管をもたない臓器の小動脈(終動脈という)が血栓(けっせん)や脂肪滴,ガス,虫卵などで,急にかつ永久的に閉ざされた時,その血管流域下の組織に起こる壊死(えし)をいう。
→関連項目SPECT

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

梗塞

 動脈硬化により血管に血液が通りにくくなりその血管が養う組織が障害を受けること.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうそく【梗塞 infarct】

一般には,吻合(ふんごう)枝をもたず毛細血管に移行する終動脈が急激に閉塞されたときに,その動脈の灌流領域(下流の領域)におこる壊死をいう。壊死巣の形は特有で,血管の支配領域に一致し,閉塞された動脈部分を頂点とした円錐形を呈し,その底面はその臓器の表面に向かう。割面では楔形を呈する。動脈の閉塞は塞栓血栓によることが多い。梗塞には貧血性(白色)梗塞white infarctと出血性(赤色)梗塞red infarctとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうそく【梗塞】

( 名 ) スル
ふさがって通じなくなること。 「開化を-する/明六雑誌 19
動脈がふさがることによって、その流域下の組織に起こる壊死えし。 → 心筋梗塞脳梗塞

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梗塞
こうそく

硬塞とも書き、おもに互いに連絡する吻合枝(ふんごうし)をもたない終末動脈が急に閉塞され、その動脈が支配する末梢(まっしょう)流域の組織に血行障害をおこして限局性の壊死(えし)がみられるものをいう。
 血管の閉鎖は一般に塞栓や血栓によることが多い。この場合における壊死巣の形は特有で、血管の支配領域に一致し、閉塞された動脈部を頂点とした円錐(えんすい)形で、その底面は臓器の表面に向かう場合が多い。
 組織の血行障害によって虚血性壊死に陥るため、貧血性で白色を呈することが多く、貧血性梗塞または白色梗塞とよばれる。腎臓(じんぞう)、脾臓(ひぞう)、心臓、脳などにみられ、とくに冠状動脈にみられる梗塞、すなわち心筋梗塞や脳梗塞は重篤な症状を呈し、ときに致命的となる。また、うっ血や血管壁の障害を伴い出血性変化が加わり、赤色を呈するものは出血性梗塞または赤色梗塞とよばれ、おもに肺にみられる。[竹内慶治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

梗塞の関連キーワード無症候性脳梗塞とラクナ梗塞バッドアテローム血栓性梗塞フレンチパラドックスアディポサイトカインドコサヘキサエン酸A狭心症/心筋梗塞心臓超音波検査無症候性脳梗塞心原性脳塞栓症冠状動脈血栓症シーハン症候群虚血性心疾患労作性狭心症若年性脳梗塞心大血管疾患血栓溶解療法多発性脳梗塞虚血性発作

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梗塞の関連情報