コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳室腹腔吻合術 のうしつふくくうふんごうじゅつventriculo-peritoneal shunt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳室腹腔吻合術
のうしつふくくうふんごうじゅつ
ventriculo-peritoneal shunt

脳室腹腔シャントともいう。脳脊髄液には一定の流れがあるが,この流通路が閉塞したり,吸収機転が阻害されたりすると,液がたまって脳室が拡大し,脳を圧迫する。このような障害に対して,人工的な管を通して脳室と腹腔内とをつないで,液の出口をつくる方法をいう。手技は簡単で,手術による直接の危険は少いが,術後に管が閉塞しやすく,液の流れを調節しにくいといった欠点がある。同様の目的で脳脊髄液を脳室から心房に導く方法もあり,これは脳室心房吻合術と呼ばれる。この方法では術後に菌血症敗血症が起ることがあり,最近では脳室腹腔吻合術のほうがよく行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

脳室腹腔吻合術の関連キーワードダンディー=ウォーカー症候群減圧術水頭症

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android