コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳震盪/単純頭部打撲 のうしんとうたんじゅんとうぶだぼく Commotion of Brain / Cerebral Contusion

1件 の用語解説(脳震盪/単純頭部打撲の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

のうしんとうたんじゅんとうぶだぼく【脳震盪/単純頭部打撲 Commotion of Brain / Cerebral Contusion】

[どんな病気か]
 頭を打った後、意識障害がないか、おこっても数分程度で回復した状態をいいます。
 症状がないか、あっても頭痛、吐(は)き気(け)、嘔吐(おうと)程度で、頭部CTで頭部を撮影しても異常はみられません。
[症状]
 受傷前後のことを思い出せないことがあります(健忘(けんぼう))。
 受傷以前のことを思い出せなくなる逆行性健忘(ぎゃっこうせいけんぼう)になることもありますし、受傷してから現在までのことを思い出せなくなる先行性健忘(せんこうせいけんぼう)(順行性健忘(じゅんこうせいけんぼう))になることもあります。
 先行性健忘は、外見上は意識がしっかりしているようにみえても、まだ意識が完全にはもどっていなかった証拠です。スポーツ中に頭を打って意識を失い、数分で意識がもどって、またプレーを続けたものの、後で、そのことを覚えていないなど、そのよい例です。
[治療]
 症状があれば、一晩程度入院して、点滴しながらようすをみます。
 無症状の場合は、帰宅してかまいませんが、少しでもおかしな点に気づいたときには、早めに受診します。どういう異常が出たら受診すべきか、医師や看護師から説明があるはずですから、よく聞いておきましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脳震盪/単純頭部打撲の関連キーワード打っ遣らかす草を打って蛇を驚かす昏倒何心地不死身プリマドンナぽおん水を打ったよう病は気から草を打って蛇に驚く

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone