プレー

精選版 日本国語大辞典「プレー」の解説

プレー

〘名〙 (play)⸨プレイ
① 遊ぶこと。遊び。勝負事。〔外来語辞典(1914)〕
※砂時計(1954‐55)〈梅崎春生〉四「これは一種の頭脳プレイだからね」
② 競技。また、それをすること。
※日本文化私観(1942)〈坂口安吾〉二「プレーをしてゐるのではなく、息せききって追ひまくられた感じである」
③ 演劇。芝居。劇。戯曲。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「別な組のプレイの時にはあんなに声をたてて御笑ひになったのに」
④ 「プレーボール」の略。〔新式ベースボール術(1898)〕
⑤ 遊郭などに行くことをいう明治時代の俗語。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「エ、そんなら守山君もプレイ〔遊廓などへ行くことをいふ書生の通語なり〕するかなア」
⑥ 楽器などの演奏。また、演奏すること。
※さらばモスクワ愚連隊(1966)〈五木寛之〉二「プレイすることへの燃えるような愛を忘れてしまったのではなかったか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「プレー」の解説

プレー(play)

[名](スル)《「プレイ」とも》
遊ぶこと。遊戯。「プレールーム」「プレースポット」「プレーゾーン」
競技すること。また、競技やその技。「堂々とプレーする」「ファインプレー」「セットプレー
演劇。芝居。「ミュージカルプレー
演奏すること。また、演奏。「キーボードプレーヤーとしてプレーする」
プレーボール」の略。「主審のプレーがかかる」
[類語](1遊び遊戯たわむすさ気晴らし慰み事娯楽遊技ゲームレジャーレクリエーション/(2競う競争比べる競合角逐かくちく勝負り合い競技争う張り合う対抗するせめぎ合う渡り合う遣り合う先を争うしのぎを削る火花を散らす対決敵対向かう突っかかる挑む立ち向かうかかるぶつかる対する相手取る向こうに回す向こうを張る

プレー(Phrae)

タイ北部の町。チェンマイ南東約180キロメートル、ヨム川沿いに位置する。15世紀半ばからランナータイ王国の支配下に置かれたが、それ以前からプレー王国が存在したとされる。城壁に囲まれた旧市街には9世紀建立のワットルアンや、チーク材を成した商人による豪華な木造住宅ウォンブリーハウスがある。プラエ

プレー(pray)

《「プレイ」とも》祈ること。「プレーフォージャパン(=日本のために祈ろう、東日本大震災の際に日本支援のキャッチフレーズとして用いられた)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android