腕を上げる(読み)ウデヲアゲル

デジタル大辞泉の解説

腕(うで)を上(あ)・げる

腕前・技術を進歩させる。「熱心に練習して―・げる」
飲めるが前より増える。「海外に赴任している間に―・げた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うでをあげる【腕を上げる】

技術や芸が上達する。
飲める酒の量がふえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うで【腕】 を 上(あ)げる

技術が上達する。腕前を進歩させる。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「十七の歳鉄砲鍛冶になって、わづか二年ばかりの間に驚くほど(ウデ)を上(ア)げて」
② 飲める酒の量が、前より多くなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腕を上げるの関連情報