コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老練 ロウレン

デジタル大辞泉の解説

ろう‐れん〔ラウ‐〕【老練】

[名・形動]多く経験を積んで、物事に慣れ、巧みであること。また、そのさま。老巧。「老練な(の)かけひき」「老練な(の)船乗り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうれん【老練】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
経験を多く積み、物事によく慣れていて巧みである・こと(さま)。老巧。 「反対尋問にも動揺しない-な弁護士」 「 -な職人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

老練の関連キーワード練・鍊・廉・恋・憐・戀・攣・斂・煉・練・聯・蓮・連・錬中村 吉十郎(2代目)尾上 卯三郎(2代目)ラッド労働党政権誕生ビオレ・ル・デュク桂 燕枝(初代)古い・旧い・故いワグラムの戦い古兵・古強者坂東 好太郎小沢 栄太郎メッテルニヒ物仕・物師劫﨟を経る市川 松柏ダンドーロ前田利家総裁政府松田正久反対尋問

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老練の関連情報