コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腟杆菌 ちつかんきん

1件 の用語解説(腟杆菌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちつかんきん【腟杆菌】

健康な成人女子の腟内に常住する非病原性・大型のグラム陽性杆菌。デーデルライン杆菌Döderlein’s bacillusとも呼ばれる乳酸杆菌の一種で,ラクトバチルス・アシドフィルスLactobacillus acidophilusと同種の菌であると考えられている。腟杆菌は乳酸を産生し,腟内を酸性に保ち,腟内に侵入してくる病原菌や雑菌の発育を抑制して,腟を清浄かつ健康に保っている。これは腟の自浄作用と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腟杆菌の関連キーワードスピロヘータ腟炎セラチア菌定府高病原性低病原性病原性レプトスピラ非病原菌病原性好塩菌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone