腟杆菌(読み)ちつかんきん

世界大百科事典 第2版の解説

ちつかんきん【腟杆菌】

健康な成人女子の腟内に常住する非病原性・大型のグラム陽性杆菌。デーデルライン杆菌Döderlein’s bacillusとも呼ばれる。乳酸杆菌の一種で,ラクトバチルス・アシドフィルスLactobacillus acidophilus同種の菌であると考えられている。腟杆菌は乳酸を産生し,腟内を酸性に保ち,腟内に侵入してくる病原菌雑菌の発育を抑制して,腟を清浄かつ健康に保っている。これは腟の自浄作用と呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android