腟杆菌(読み)ちつかんきん

世界大百科事典 第2版の解説

ちつかんきん【腟杆菌】

健康な成人女子の腟内に住する非病原性・大型のグラム陽性杆菌。デーデルライン杆菌Döderlein’s bacillusとも呼ばれる。乳酸杆菌一種で,ラクトバチルス・アシドフィルスLactobacillus acidophilus同種の菌であると考えられている。腟杆菌は乳酸を産生し,腟内を酸性に保ち,腟内に侵入してくる病原菌雑菌発育抑制して,腟を清浄かつ健康に保っている。これは腟の自浄作用と呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android