腥羶・腥膻(読み)せいせん

精選版 日本国語大辞典 「腥羶・腥膻」の意味・読み・例文・類語

せい‐せん【腥羶・腥膻】

〘名〙
① なまぐさいこと。汚らわしいこと。また、そのもの。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「此皆家蓄妻子。口咲腥膻形似沙門。心如屠児
太平記(14C後)三九「元弘の始には江州の番馬まで落下り、五百余人の兵共が自害せし中に交て、腥羶(セイセン)の血に心を酔しめ」 〔蘇軾‐黄鶴楼詩〕
② なまぐさく、けがらわしいものとして外国人をいう。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)三・寄題波響楼「本是蝦夷腥羶窟、曩祖浄掃入神州

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android