腰簑(読み)こしみの

精選版 日本国語大辞典「腰簑」の解説

こし‐みの【腰簑】

〘名〙
① 腰にまとう短いみの。腰巻簑。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・好色五人女(1686)四「竹の小笠に面(おもて)をかくし、腰簑(コシミノ)身にまとひ一夜をしのぎける」
(かぶと)の付物の一つ。𩊱(しころ)を雨に濡らさないため、獣毛を簑のように編み、赤熊附(しゃぐまつけ)の緒につけたもの。〔本朝軍器考(1722)〕
③ 武者ぶりを引きたたせ、また、矢玉を防ぐために、甲冑(かっちゅう)などの上から腰にまとう。腰巻。
※信長公記(1598)一四「くろき御道複(だうぶく)に御たち付け、御腰簑させられなり」
能楽で用いる一種の前掛。ふつう麻でつくられ、裾を藍に染めたもの。漁夫の役に用いる。「鵜飼(うがい)」の前ジテ、「阿漕(あこぎ)」「藤戸(ふじと)」の後ジテなどが用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android