阿漕(読み)アコギ

  • (通称)
  • ×阿×漕
  • 地名・曲名

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《禁漁地である阿漕ヶ浦で、ある漁師がたびたび密漁をして捕らえられたという伝説から》
しつこく、ずうずうしいこと。義理人情に欠けあくどいこと。特に、無慈悲に金品をむさぼること。また、そのさま。「阿漕な商売」「阿漕なまねをする」
たび重なること。
「阿漕のあまの―にも過ぎにし方を思ひ出でて」〈浄・丹波与作
[補説]曲名別項。→阿漕
阿漕ヶ浦」の
謡曲。四番目物世阿弥作という。旅僧が、阿で密漁をして海に沈められた漁師のから懺悔(ざんげ)物語を聞く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

能の曲名四番目物。作者不明。河上神主作ともいう。シテ漁夫の霊。旅の(ワキ)が伊勢の阿漕浦を訪れる。来かかった老人(前ジテ)と言葉を交わし,土地に縁のある古歌などについて話し合う。老人は,この浦は殺生禁断の所だが,ある男が毎夜隠れて網を下ろしていたのが露見して殺されたことがあると物語り,自分こそその男の霊の仮の姿だと明かす(〈片グセ〉)。そのうち,にわかに海が荒れ出し,あたりの火も消え果てた闇の中に,老人の姿は消え失せる(〈ロンギ〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

◇
三重県津市の海岸の辺りの地名。昔、伊勢神宮に供える魚をとるための禁漁域であった。漁師が密漁して捕らえられたという話が謡曲「阿漕」などにあるが、「古今六帖」の「逢ふ事を阿漕の島にひく網のたび重ならば人も知りなむ」に基づく後世の付会とされる。「阿漕が浦」「阿漕の島」などと和歌に詠まれた。歌枕
[1][0] 形動 [文] ナリ 
の歌・伝説から、しつこくずうずうしい意を生じたもの
貪欲で無情なさま。強欲であくどいさま。 -なかせぎ方 -な商売
繰り返すさま。しつこいさま。 阿漕の海士あまの-にも過ぎにし方を思ひ出で/浄瑠璃・丹波与作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1]
[一] 伊勢国阿濃郡(三重県津市)の東方一帯の海岸。阿漕ケ浦。伊勢の神宮に供える魚をとるための禁漁地であったが、ある漁夫がたびたび密漁を行なって捕えられたという伝説がある。「古今和歌六帖‐三」の「逢ふことをあこぎの島に曳く鯛(たひ)のたびかさならば人も知りなん」など、諸書に現われている。
[二] 謡曲。四番目物。各流。世阿彌作。伊勢国阿漕ケ浦で密漁をして海に沈められた漁夫の亡霊が地獄の苦患のさまを見せる。
[2] 〘名〙 (形動) ((一)の伝説や古歌から普通語に転じて)
① たび重なること。また、たび重なって広く知れわたること。
※源平盛衰記(14C前)八「重ねて聞食(きこしめす)事の有りければこそ阿漕(アコギ)とは仰せけめ」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)夢路のこま「阿漕(あこぎ)の海(あま)のあこぎにも過ぎにし方を思ひ出て」
② どこまでもむさぼること。しつこくずうずうしいこと。押しつけがましいこと。また、そのようなさま。
※波形本狂言・比丘貞(室町末‐近世初)「あこぎやの、あこぎやの、今のさへやふやふと舞ふた、最早ゆるしてたもれ」
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)中「あこぎな申ごとなれど、お侍のお慈悲に、父(とと)かといふて私にだき付て下されませ」
[語誌](一)の伝説から、(二)①の意に用いられたが、江戸初期から「図々しい」「強引だ」というマイナスの意味が派生した。これは謡曲「阿漕」や御伽草子「阿漕の草子」、浄瑠璃「田村麿鈴鹿合戦」などをはじめ、神宮御領地を犯す悪行として描いた作品によって定着していった解釈に基づくものと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
慶応1.11(大坂・角の芝居)
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
増補鈴鹿合戦
初演
安政3.8(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

しつこく、ずうずうしいこと。また、あくどいこと。特に、無慈悲に金品をむさぼること。

[使用例] ひとに恨まれることはしていないと言っておったな。吝嗇ではあるが、そうあこぎな人物とは思えん[藤沢周平用心棒日月抄|1978]

[由来] 「阿漕」は、三重県津市の海岸、阿漕が浦。伊勢神宮に供える魚をとるための禁漁地でしたが、ある漁師がたびたび密漁して見つかり捕らえられたという伝説が、「源平盛衰記」などによって伝えられています。ここから、しつこく、ずうずうしいという意味になりました。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

世界大百科事典内の阿漕の言及

【落窪物語】より

…落窪の君は継母のおとし入れをこえて,左大将の子の左近の少将と結ばれ,栄華を極めた。なお,姫君の忠実な侍女阿漕(あこぎ)の活躍も目立つ。姫君が継子としての辛酸をなめる境遇を具体的に描くと同時に,《宇津保物語》の名がその首巻で,俊蔭女とその子仲忠が木のうつぼに住んでいたことからつけられたように,空洞信仰の象徴としての意味をも落窪は有する。…

【阿漕浦】より

…海岸砂丘は松林が美しく,後背湿地は水田などに利用されている。謡曲《阿漕》で名高い親孝行の漁師平治をまつった阿漕塚,芭蕉の句碑,観海流泳術の元祖の碑などがある。この浦の北部にヨットハーバー,南部に日本鋼管の造船所が立地する。…

【勢州阿漕浦】より

…時代物。1段(2場―阿漕浦,平次住家)。1741年(寛保1)9月大坂豊竹座初演の《田村麿鈴鹿合戦》四段目を独立させ改名した作。…

※「阿漕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿漕の関連情報