コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠 おがさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小笠
おがさ

静岡県南西部,菊川市南部の旧町域。菊川東岸に広がる。 1954年南山村,平田村,小笠村の3村が合体して町制。 2005年菊川町と合体して菊川市となった。江戸時代は,天領,藩領,旗本知行地などが混在していた。大部分は丘陵地で,チャ (茶) が栽培され,小笠茶として知られる。茶畑には入会地があり,これを分割して茶の出作農家が散在している。また温室メロンなどの施設園芸も行なわれる。今川義忠の菩提寺正林寺,江戸時代当地の代官黒田家住宅 (国指定重要文化財) ,丹野池公園などがある。一部は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小笠
おがさ

静岡県南西部、小笠郡にあった旧町名(小笠町(ちょう))。現在は菊川市の南半分を占める地域。旧小笠町は、1954年(昭和29)小笠、南山、平田の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)菊川町と合併し、市制施行して菊川市となる。地域の大半は菊川と支流の牛淵(うしぶち)川、丹野(たんの)川流域の沖積平野からなる。東部は洪積台地牧ノ原台地を含む。平野部では米作が主要産業であり、丘陵部は明治以降みごとな茶園地帯を形成。近年では、温室メロン、トマト、イチゴなどの施設園芸や観光農園も行われている。また、小笠嶺田(みねだ)工業団地が造成されるなど、工業化が進行し、主要地方道掛川(かけがわ)浜岡線沿いには商店街が形成されている。旧代官屋敷黒田家の主屋、長屋門などは国指定重要文化財。舟久保古墳は県指定史跡。[川崎文昭]
『『小笠町誌』(1984・小笠町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小笠の関連キーワード菊川(静岡県の旧町名)掻い込む・搔い込む静岡県御前崎市久保田 九品太大須賀[町]静岡県掛川市松浦 五兵衛川上 喜久子御前崎[市]静岡県菊川市大須賀〈町〉松本 喜作本間 清雄菊川(市)内田 三平川崎 卓吉平野 運平菅沼 貞三神谷 鶴伴竹内 薫兵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小笠の関連情報