コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠 おがさ

2件 の用語解説(小笠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小笠
おがさ

静岡県南西部,菊川市南部の旧町域。菊川東岸に広がる。 1954年南山村,平田村,小笠村の3村が合体して町制。 2005年菊川町と合体して菊川市となった。江戸時代は,天領,藩領,旗本知行地などが混在していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小笠
おがさ

静岡県南西部、小笠郡にあった旧町名(小笠町(ちょう))。現在は菊川市の南半分を占める地域。旧小笠町は、1954年(昭和29)小笠、南山、平田の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)菊川町と合併し、市制施行して菊川市となる。地域の大半は菊川と支流の牛淵(うしぶち)川、丹野(たんの)川流域の沖積平野からなる。東部は洪積台地牧ノ原台地を含む。平野部では米作が主要産業であり、丘陵部は明治以降みごとな茶園地帯を形成。近年では、温室メロン、トマト、イチゴなどの施設園芸や観光農園も行われている。また、小笠嶺田(みねだ)工業団地が造成されるなど、工業化が進行し、主要地方道掛川(かけがわ)浜岡線沿いには商店街が形成されている。旧代官屋敷黒田家の主屋、長屋門などは国指定重要文化財。舟久保古墳は県指定史跡。[川崎文昭]
『『小笠町誌』(1984・小笠町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小笠の関連キーワード静岡県菊川市加茂静岡県菊川市下内田静岡県菊川市高橋静岡県菊川市丹野静岡県菊川市土橋静岡県菊川市半済静岡県菊川市東横地静岡県菊川市本所静岡県菊川市柳静岡県菊川市和田

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小笠の関連情報