コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腱鞘 けんしょうtendon sheath

4件 の用語解説(腱鞘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腱鞘
けんしょう
tendon sheath

体肢などの長い腱,特に手首や足首の腱の周囲にある膜状,トンネル状の鞘 (さや) 。元来,滑液包が長く腱を取巻いたもので,中にある滑液が腱の動きを円滑にする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

腱鞘【けんしょう】

滑液鞘ともいう。手足の長い腱の一定部位で,そのまわりを滑液包(嚢)が細長くなって鞘(さや)のように包んでいるもの。中に滑液を含むので筋の収縮に際して腱のすべりをよくして運動を助ける。
→関連項目ガングリオン腱鞘炎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の腱鞘の言及

【筋肉】より

…手足の指の屈伸を行うような長い腱の周りには,滑液包と同じ構造をもった被膜が腱を鞘状に包んでいる。これを腱鞘という。腱鞘は,手根部や足根部でよく発達している(図4)。…

※「腱鞘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腱鞘の関連情報