コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腱鞘 けんしょうtendon sheath

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腱鞘
けんしょう
tendon sheath

体肢などの長い,特に手首や足首の腱の周囲にある膜状,トンネル状の (さや) 。元来滑液包が長く腱を取巻いたもので,中にある滑液が腱の動きを円滑にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐しょう〔‐セウ〕【××鞘】

腱を包んでいる鞘(さや)状の結合組織。中に潤滑液があって腱の滑りをよくしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

腱鞘【けんしょう】

滑液鞘ともいう。手足の長い腱の一定部位で,そのまわりを滑液包(嚢)が細長くなって鞘(さや)のように包んでいるもの。中に滑液を含むので筋の収縮に際して腱のすべりをよくして運動を助ける。
→関連項目ガングリオン腱鞘炎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けんしょう【腱鞘】

腱を包んでいる、滑液を含んだ袋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の腱鞘の言及

【筋肉】より

…手足の指の屈伸を行うような長い腱の周りには,滑液包と同じ構造をもった被膜が腱を鞘状に包んでいる。これを腱鞘という。腱鞘は,手根部や足根部でよく発達している(図4)。…

※「腱鞘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腱鞘の関連キーワード腱・じん帯の損傷(ねんざ、脱臼、腱鞘炎)肩関節周囲炎(四十肩/五十肩)家族性高コレステロール血症運動器のしくみとはたらきキーボードフィンガーテキストサム損傷ゴールデンバージランニング障害フェルビナクスポーツ障害パームレスト馬パラチフス関節リウマチ皮下結節五十肩職業病滑膜炎ばね指肩関節筋肉

腱鞘の関連情報