コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸間膜動脈性十二指腸閉塞症 ちょうかんまくどうみゃくせいじゅうにしちょうへいそくしょうarterio-mesenterial duodenal occulusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腸間膜動脈性十二指腸閉塞症
ちょうかんまくどうみゃくせいじゅうにしちょうへいそくしょう
arterio-mesenterial duodenal occulusion

上腸管膜動脈と脊椎に前後を圧迫されて,十二指腸下部が閉塞して内容の通過障害を起した状態。やせた内臓下垂の人で小腸が骨盤内に落込んでいる場合とか,急激な麻痺で胃や十二指腸が著しく膨満し,骨盤内に押下げられた場合が原因となる。おもな症状は上腹部の膨満,腹痛と嘔吐で,ときにはショック症状を示す。保存的に治療してなおらなければ,外科的に胃と腸を吻合して通過障害を取除く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android