膕・丁(読み)よほろ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (後世「よぼろ」「よおろ」とも)
① (膕) 膝のうしろのくぼんでいる部分。ひかがみ。うつあし。よほろくぼ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※栄花(1028‐92頃)月の宴「御髪(ぐし)などいとをかしげにて、よをろばかりにおはします」
② (丁) 古代、国家のために徴発されて使役された人民。律令制では正丁がこれにあてられる。男丁。夫(ぶ)
※白氏文集天永四年点(1113)三「戸に三つの丁(ヨホロ)有り、一の丁(ヨホロ)を抽づ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android