正丁(読み)セイテイ

  • しょうちょう シャウチャウ
  • しょうちょう〔シヤウチヤウ〕
  • しょうてい
  • しょうてい シャウ‥
  • しょうてい〔シヤウ〕
  • せいちょう ‥チャウ
  • せいちょう〔チヤウ〕

百科事典マイペディアの解説

律令制において課税対象となる成年男子を(〈よほろ〉とも)といい,そのうち21〜60歳までの男子を正丁とし,庸(よう)・調(ちょう)・徭(よう)などの課役を賦課。律令国家財政の基本とした。養老令では年齢により黄(おう)(1〜3歳)・小(4〜16歳)・中(17〜20歳)・丁(21〜60歳)・老(61〜65歳)・耆(き)(66歳以上)に区分されており,正丁を基準に老丁次丁)と残疾(21〜60歳の軽度の身体障害者)は2分の1,中男(ちゅうなん)(少丁)は4分の1を賦課した。なお758年から正丁は22〜59歳,老丁は60〜64歳,中男は18〜21歳に改正された。
→関連項目中男作物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

律令制で,調,庸 (→租・庸・調 ) ,雑徭 (ぞうよう) ,兵士などの課役を負担する,21~60歳の身体上障害のない男子。天平宝字1 (757) 年には 22~60歳となり,翌年には 22~59歳となった。 (→少丁 )  

正丁」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 令制で、二一歳以上六〇歳以下(のちには二二歳以上五九歳以下と改められた)の健康な成年男子の称。丁(よぼろ)。調・庸・徭・兵役などの課役の対象となった。三歳以下を黄(大宝令では緑児)、一六歳以下を少、一七~二〇歳を中男(ちゅうなん)(大宝令、少丁)、六一~六五歳を老、六六歳以上を耆と称した。また、身体健全でない者はその度合によって残疾・廃疾・篤疾に分けられた。
※正倉院文書‐大宝二年(702)一一月・御野国味蜂間郡春部里戸籍「下下戸主小麻呂 年四十六正丁」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

律令制下の成年男子
大宝令で規定された21〜60歳(のち22〜60歳,22〜59歳となる)の男子。庸調・雑徭 (ぞうよう) ・兵役など,律令制の諸負担を課せられた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の正丁の言及

【課丁】より

…古代の律令において,課役(かえき)を負担する丁男をさす用語。律令では21歳から60歳までの男子を正丁とし,正丁に対して課役を賦課するのを賦役制度の基本とした。また61歳から65歳の男子を老丁,17歳から20歳までの男子を中男(大宝令では少丁)とし,老丁は残疾(21~60歳の軽度の身体障害者)とともに次丁とされ,正丁の課役の量の2分の1を課せられ,中男は正丁の4分の1を課せられた。…

【中男作物】より

…律令時代の諸国からの貢納品の一種。律令では中男(17歳から20歳の男子,大宝令では少丁)に正丁(21歳から60歳の男子)の4分の1の調を課し,また正丁には調のほかに調副物として種々のものを納めさせていた。しかし717年(養老1)には,調副物を廃止するとともに中男の調も止め,その代りに,中央官庁が必要とする物品の必要量を概算して諸国に貢納を命じた。…

※「正丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android