コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膠結作用帯 こうけつさようたいbelt of cementation

岩石学辞典の解説

膠結作用帯

解析変質作用(katamorphism)のの下部で地下水面より下の部分.この地域では解析変成作用の帯に特徴的な反応として,酸化作用,炭酸塩化作用,水和作用および溶液が加わり,膠結作用(cementation)が重要な役割を果たす.ここでいう解析変成作用の帯はヴァン・ハイスによるもので,地球の表面近くに分布する帯[Van Hise : 1904].この語のさらに一般的な使用は,地殻深部の変成作用の帯を含む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

膠結作用帯の関連キーワード透析解析変成作用変成作用合成変成作用変成帯風化作用帯

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android