コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風化作用帯 ふうかさようたいbelt of weathering

岩石学辞典の解説

風化作用帯

解析変質作用(katamorphism)のの上部で地下水面より上の部分.この地域で解析変成作用の帯に特徴的な反応としては,酸化作用,炭酸塩化作用,水和作用および溶液が最も活動的である.ここでいう解析変成作用の帯はヴァン・ハイスによるもので,地球の表面近くに分布する帯[Van Hise : 1904].この語のさらに一般的な使用は地殻深部の変成作用の帯を含んでいる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

風化作用帯の関連キーワードばい爛帯

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android