コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変成帯 へんせいたい

6件 の用語解説(変成帯の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

変成帯【へんせいたい】

一連の変成作用によってできた変成岩が配列しているところ。ふつう広域変成帯をさし,たとえば日本では飛騨変成帯領家変成帯日高変成帯などという。熱(接触)変成作用による変成帯は一般に厚さが小さく,大きな火山岩体のまわりや地下深いところで厚さ数m〜数十m,ときに数km程度で,内側で接触交代作用が起きていることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

変成帯

変成作用の程度および限定された変成岩の型で特徴づけられる地殻のゾーン.最初にローゼンブッシュ花崗岩岩体の周囲の熱変成作用でゾーンを区分した[Rosesnbusch : 1877].これらの地帯は(a) 点紋スレート帯(Knotenshiefer),(b) 点紋雲母片岩帯(Knotenglimmerschiefer),(c) ホルンフェルス帯,である.広域変成作用のzoneについての広い概念はゼーダーホルム,ヴァン・ハイス,グルーベンマンにより確立され,エピ帯(epizone),メソ帯(mesozone),カタ帯(katazone),解析変成帯(zone of katamorphism),合成変成帯(zone of anamorphism)に区別された[Sederholm : 1891, Van Hise : 1904, Grubenmann : 1907].広域変成作用のzoneについて最初に分帯を行ったのはバロウの仕事で,彼は泥質岩についてzoneを確立した[Barrow : 1893].ティレーの提唱したアイソグラッド(isograd)の考えでは,二つのアイソグラッドの間の地域に産する岩石を変成帯(metamorphic zone)という[Tilley : 1923, 1924, 1925].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へんせいたい【変成帯 metamorphic belt】

変成岩が十分な広がりをもって分布する地帯。変成作用は地下深く地殻や上部マントルあたりの所に相当する温度や圧力条件で再結晶するプロセスなので,変成岩はふつう低温の変成岩から順に高温の変成岩へと帯状に分布する。このように帯状に分布する変成岩帯はたいていは巨大な断層や不整合面によって変成されていない堆積岩と接したり,花コウ岩などの火成岩体に接している。巨大な断層は非常に低い角度の逆断層であったり,水平方向の移動量の多い横ずれ断層であったりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へんせいたい【変成帯】

広域変成作用による変成岩が帯状に連なった地帯。千枚岩・結晶片岩などが数百キロメートルにわたって分布する。広域変成帯。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変成帯
へんせいたい

広域変成帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変成帯
へんせいたい

広義には変成岩の分布する地域。これは単に地表面の区域だけではなく、地下にまで広がりをもつ三次元的空間である。いわゆる造山帯の内部には、結晶片岩や片麻(へんま)岩が分布する長大な地域がある。その広さは、たとえば日本の三波川(さんばがわ)変成帯では、長さ700キロメートル、幅50キロメートルに及ぶ。変成帯は、狭義にはこのような帯状の広域変成岩分布域をいう。これは、造山運動に伴って、地殻の一部に地温勾配(こうばい)の大規模な変化と、岩石の著しい変形とがおこったために生じたもの、と考えられている。変成帯は温度勾配の大小によって、いくつかの型に分類され、それぞれ特徴的な鉱物や岩石を産する。温度勾配が高い場合には、温度に対する圧力の比(P/T)が低く、紅柱石や菫青(きんせい)石のような比較的低圧で安定な鉱物が出現する。日本の領家(りょうけ)変成帯はこの典型的な例である。一方、温度に対して圧力が高い、つまりP/Tが大きい変成帯では、高圧で安定な鉱物、たとえば藍閃(らんせん)石、ひすい輝石、ローソン石、アラゴナイトなどが出現する。日本の三波川変成帯やアメリカ西海岸のフランシスカン変成帯がこの例である。前記二つの中間的な地温勾配の下では、藍晶石、ざくろ石、十字石などで特徴づけられる中間圧力型広域変成帯が形成される。イギリスのスコットランド高地やアメリカのアパラチア山脈の変成帯はこれの代表である。低圧型と中間型の変成帯には、大量の花崗(かこう)岩が貫入しているが、変成帯内部の温度分布と花崗岩の分布とは、直接には関係がないようにみえる。一方、高圧変成帯には花崗岩の貫入がみられず、かわって蛇紋岩が広く分布している。
 環太平洋の造山帯では、しばしば、低圧型と高圧型の変成帯が造山帯の延長に平行に並走している。そして、後者が太平洋側にあり、前者がその内側に位置している。たとえば、西南日本では、中央構造線を境として、その外側つまり太平洋側に三波川高圧変成帯が、内側に領家低圧変成帯が分布している。このように、温度勾配の異なる二つの型の変成帯が並走する場合、これらを「対をなす変成帯」ということがある。
 火成岩マグマの貫入に伴って、周囲に接触変成岩が生じた場合にも、その分布域を接触「変成帯」ということがある。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変成帯の関連キーワード広域変成作用接触変成岩動力変成岩変成岩ケモ変成作用最高変成度同相変成作用周辺変成作用自由変成作用エピ帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変成帯の関連情報