コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膠芽腫 コウガシュ

1件 の用語解説(膠芽腫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうが‐しゅ〔カウガ‐〕【×膠芽腫】

神経膠腫(グリオーマ)の一種。進行が速く、脳腫瘍の中で最も悪性度が高い。中高年に多く発症する。腫瘍の増大によって頭蓋内圧が亢進(こうしん)し、早朝に強い頭痛や吐き気が起こる。腫瘍の部位によって運動・言語・視力・記憶などに障害が現れる。手術で腫瘍を摘出した後も放射線照射化学療法が必要となる。グリオブラストーマグリブラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膠芽腫の関連キーワードクリオーリョ神経膠腫神経組織グリア細胞神経膠細胞グリオーマ有髄神経神経節膠細胞グリオッテカプリオール (capriole)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膠芽腫の関連情報