コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膵胆管合流異常 すいたんかんごうりゅういじょう

家庭医学館の解説

すいたんかんごうりゅういじょう【膵胆管合流異常】

 正常な人の膵管すいかん)と胆管(たんかん)は、合流して1本の共通管になって十二指腸(じゅうにしちょう)につながっています。合流異常とは、その共通管が長すぎたり、複雑な形態になっているものをいいます。
 そのため、膵液胆道(たんどう)内に逆流してしまい、その結果、胆管がん胆嚢(たんのう)がんの発生率が非常に高くなるといわれています。したがって、合流異常がある場合は、がんが発生しやすくなった拡張胆管(および胆嚢)を切除することが原則になっています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

膵胆管合流異常の関連キーワード総胆管拡張症

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android