コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膵胆管合流異常 すいたんかんごうりゅういじょう

1件 の用語解説(膵胆管合流異常の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

すいたんかんごうりゅういじょう【膵胆管合流異常】

 正常な人の膵管(すいかん)と胆管(たんかん)は、合流して1本の共通管になって十二指腸(じゅうにしちょう)につながっています。合流異常とは、その共通管が長すぎたり、複雑な形態になっているものをいいます。
 そのため、膵液が胆道(たんどう)内に逆流してしまい、その結果、胆管がんや胆嚢(たんのう)がんの発生率が非常に高くなるといわれています。したがって、合流異常がある場合は、がんが発生しやすくなった拡張胆管(および胆嚢)を切除することが原則になっています。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone