コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膵胆管合流異常 すいたんかんごうりゅういじょう

1件 の用語解説(膵胆管合流異常の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

すいたんかんごうりゅういじょう【膵胆管合流異常】

 正常な人の膵管(すいかん)と胆管(たんかん)は、合流して1本の共通管になって十二指腸(じゅうにしちょう)につながっています。合流異常とは、その共通管が長すぎたり、複雑な形態になっているものをいいます。
 そのため、膵液が胆道(たんどう)内に逆流してしまい、その結果、胆管がんや胆嚢(たんのう)がんの発生率が非常に高くなるといわれています。したがって、合流異常がある場合は、がんが発生しやすくなった拡張胆管(および胆嚢)を切除することが原則になっています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

膵胆管合流異常の関連キーワード胆管胆管炎胆管癌肝胆水旱酔漢膵蛭総胆管輸胆管胆管腫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone