コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨屯 りんとんLín tún

世界大百科事典 第2版の解説

りんとん【臨屯 Lín tún】

中国,漢の武帝衛氏朝鮮故地に設立した郡名。武帝は前108年いわゆる漢四郡を開いたが,臨屯郡はほぼ現在の朝鮮の咸鏡道南部から江原道方面に置かれたものといわれる。郡治所の比定には諸説あって一致しない。次の昭帝の時代には諸般の事情からその維持が困難となり,前80年代から前70年代にかけて諸郡の統合が行われ,臨屯郡も楽浪郡に編入された。最近の朝鮮民主主義人民共和国の史学者は臨屯郡を含めて四郡の位置をまったく別個に比定しており,今後の研究課題となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

臨屯の関連キーワード朝鮮四郡玄菟郡真番郡濊貊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android