コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨屯 りんとんLín tún

世界大百科事典 第2版の解説

りんとん【臨屯 Lín tún】

中国,漢の武帝衛氏朝鮮故地に設立した郡名。武帝は前108年いわゆる漢四郡を開いたが,臨屯郡はほぼ現在の朝鮮の咸鏡道南部から江原道方面に置かれたものといわれる。郡治所の比定には諸説あって一致しない。次の昭帝の時代には諸般の事情からその維持が困難となり,前80年代から前70年代にかけて諸郡の統合が行われ,臨屯郡も楽浪郡に編入された。最近の朝鮮民主主義人民共和国の史学者は臨屯郡を含めて四郡の位置をまったく別個に比定しており,今後の研究課題となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

臨屯の関連キーワード朝鮮四郡真番郡玄菟郡濊貊

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android