コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨屯郡 りんとんぐんIm-dun-gun; Rim-t`un-kun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨屯郡
りんとんぐん
Im-dun-gun; Rim-t`un-kun

中国,漢の武帝が朝鮮に設けた4郡の一つ。元封3 (前 108) 年武帝は衛氏朝鮮国に侵入してこれを滅ぼし,その地に4郡を開設して朝鮮を直接支配した。臨屯郡はこのときおかれた郡の一つで,ほぼ現在の咸鏡道南部から江原道一帯を含む地域と解されており,その中心地についての比定定説をみないが,現在の江陵付近と考える説が有力。まもなく玄莵 (げんと) 郡とともに楽浪郡に併合された。史料によればこの地方の住民は濊貊 (わいばく) 族が中心であったと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨屯郡
りんとんぐん

中国、漢の武帝の朝鮮遠征によって紀元前108年に(えい)氏朝鮮が滅ぼされ、その結果設置された4郡の一つ。臨屯は衛氏朝鮮に服属していた国の名と一致し、おそらくその故地に置かれたものと考えられる。郡治は東(とうい)県にあり、15県を領した。その位置や境域は江原道から咸鏡(かんきょう)南道にかけての日本海側と推定されるが明確でない。(わいばく)族の住んだ地域とされる。前82年に楽浪郡に統合された。[李 成 市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android