諸般(読み)しょはん

精選版 日本国語大辞典「諸般」の解説

しょ‐はん【諸般】

〘名〙 物ごとのさまざまの方面。種種。いろいろ。各般
※正法眼蔵(1231‐53)伝衣「このほか袈裟あるなり」
※故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉六「諸般の事情は読者も既に知ってゐると思ふ」 〔都城紀勝‐四司六局〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「諸般」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android