臨御(読み)りんぎょ

精選版 日本国語大辞典「臨御」の解説

りん‐ぎょ【臨御】

〘名〙
① 帝について、国家を治めること。〔徐陵‐陳公九錫文〕
② 国王、天皇などが出向いてその場にむこと。臨幸。〔布令必用新撰字引(1869)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「臨御」の解説

りん‐ぎょ【臨御】

天子の位について国を治めること。
天子がその場においでになること。臨幸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android